SI業界からの転向を決める理由

IT業界は短期の間にトレンドが大きく変貌するものです。これまでは業務効率化のためのシステム開発が主であったことから、SI業界は多くの需要を集めていました。けれども近年、新たな価値を生み出す技術としてのトレンドが生れています。スマートデバイスやビッグデータ、そして人工知能です。
そのためにSI業界からの転向を目指す人が増えてきています。SI業界はクライアントの要望からシステム開発を行うものですが、その設計では細かな分業制となります。エンジニアは仕様書に従ってコーディングをするスタイルとなり、同じような作業が続くこともあります。ある意味ライン生産に似たものでもあり、さらに35歳定年説などがあるように、その開発現場に携われる期間は短いものとなる場合も考えられます。これは新たな人材が次々と参入していることと、開発環境の変化に対応できる人材が活躍しやすいという背景があります。
そういったこともあり、新たなキャリアを求めてSI業界からの転向を目指す場合が多々見られるというわけです。例えばWebエンジニアも人気を集める転向先ですが、ここでは単なるコーディング要員ではなく開発そのものに携わります。
このような価値あるものを生み出す技術を身に付けようとキャリア転向を目指すエンジニアと、あくまでもSI業界でのコーディングにこだわるエンジニアとに分かれます。将来のことを考えてSI業界に残るのか転職するのかを決めるには、自分の経験を振り返ったり、他者の情報を集めたりして、はっきりとした理由を持っておくことが大切です。

WordPress theme: Kippis 1.15